忍者ブログ
(社)富士宮観光協会スタッフブログ
[398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388
IMG_1232.JPG




浅間大社境内に奉納されている、幾億年もの歳月を経て
風化した「南極の石」
ちょうどテレビドラマ「南極大陸」が放映中なので、
また紹介させて頂こうと思います。
(以前の記事はこちら→http://fujinomiya.blog.shinobi.jp/Entry/61/

この石は第七次南極観測船の乗組員であった、富士宮市出身の
赤池稔さんから奉納されました。
ドラマでは初代観測船「宗谷」が登場しましたが、
赤池さんが乗った船は二代目の「ふじ」です。
「ふじ」は富士山から名づけられ、その縁で
船内には浅間大社の御分霊を祀っており、
現在の観測船「しらせ」にも引き継がれているそうです。
浅間大社と南極の不思議なご縁ですね。
PR

忍者ブログ [PR]