忍者ブログ
(社)富士宮観光協会スタッフブログ
[84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74

c92b23f3.jpg




「富士宮市立中央図書館」の入り口付近に、
「富士見石」という石が設置されています。
天正10年、天下統一を目指す織田信長が武田氏に戦勝しました。
その帰路の途中にこの石に腰掛けて富士山を眺めた
といわれています。

画像の水色の矢印方向に、富士山が位置しています。
ピンク色の矢印方向に道路があります。
現在の石の位置から考えると、富士山側に植え込みがあるため、
座ったときに体の正面が道路側を向くんですよね・・・。
この位置からだと、富士山を見るにはちょっと厳しい
かな、と思います。

合理主義者で神仏など偶像を信じないと言われていた信長。
昔から、多くの人々の信仰の対象であった富士山。
富士見石から見た景色は、信長も思わず眺めてしまうくらい、
すばらしいものだったのでしょうね。
 

PR

忍者ブログ [PR]