忍者ブログ
(社)富士宮観光協会スタッフブログ
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69

d8906e79.jpg




「天子ヶ岳」には「瓔珞つつじ」と呼ばれる花があります。
昔、この土地に京都から嫁いできたお姫様が亡くなるときに
一緒に埋めた瓔珞(ようらく:宝石などをつらねた装身具)から
芽吹いたことからその名がつきました。
「アニメ日本昔ばなし」にも登場します。

この花は真っ白で、風鈴のように下向きになり枝に
ぎっしりと美しく揺れて咲くので、別名「風鈴つつじ」
とも呼ばれています。
スズランにもちょっと似ています。
お花の画像は時期的に無理があったので、今回は
看板の画像と伝説のみの紹介です。
インターネットで検索したところ、白い花の他に赤い花のつつじもありました。
みずみずしくて果物のぶどうのようです。
20100803143313.jpg





そして、今日の富士山!といきたいところですが、
残念ながら今日は見えないため、昨日の富士山の写真です。
昨日は本当に富士山がハッキリくっきり見えました。
画像は、午後2時頃のものです。
久々のシャッターチャンスに浅間大社を訪れるかたの多くが、
鳥居前でカメラを構えていました。

 

 

PR

忍者ブログ [PR]